占い的に見る、彼に執着する理由 その2

特定の方との復縁を強く望むお客様の占いをすると「前世で恋人だったから…」に次いで多いのが「彼に両親を投影している」パターンです。そもそも、恋人に異性の親を無意識に求めるものらしいです。
親との関係が悪いと、その分の愛情を彼氏に求める…のは仕方がないとしても、えてして「恋人としての愛情」と「親から受け取りたかった愛情」を混同して、「恋人へ過剰に愛情を求めてしまい、それが得られないと子どものように泣き叫んだり、時には暴力を振るってしまう」的な態度を取る方は結構いらっしゃいます。DVだって「本当は親に向けたかった暴力を、親の代わりになるもの(恋人、妻)に向けている」という説もありますしね。
そういう方が恋人と別れた場合、「恋人に捨てられる」ではなく「親に捨てられる」と心理的に錯覚したら…復縁に異様に執着する気持ち、というのは何となく見えてくるんじゃないでしょうか。
そういう方は占いよりカウンセリングで両親との関係を見つめ直してもらうとか、まずは彼ではなくて親に対する関係を修復改善する努力をしていった方が、復縁だけをがんばるより効果的という場合もあります。
小さいころは見えなくても、大きくなった今では親の態度で理解できることもあるのではないでしょうか。

そもそも、親からほしかった恋人を彼に向けてもらうって…恋人も大変だと思いますし、あなた様が彼から「母親としての態度」を求められたら…それに100%応じられますか?
自分ができないものを他人に求めてはいけませんよ。